洗って使える!ナノフィルター不織布使用!歌い手用に特化する歌い手マスク。日本工学院専門学校共同開発。①ズレない②長時間使用でも苦しくない③歌声のヌケが良い。マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。若きつくりびと。
歌い手にぴったりの歌い手マスク。プロ用の歌えるマスク。ブルー、オフホワイト、ブラックの3色展開。ナノエイトフィルター内蔵の国産マスク。
日本工学院ミュージックカレッジ×NANOEIGHT(ナノエイト)。シンガー達が待ち望んでいたマスクが完成!
ナノエイトフィルターを内蔵した、音楽のプロ用の歌えるマスクでシンガー用マスクの『歌い手マスク』は、日本工学院専門学校ミュージックカレッジとNANOEIGHT(ナノエイト)との共同開発プロジェクトです。

歌い手マスク
[ナノファイバー製 不織布マスク]
ズレず、声のヌケが良く、苦しくない! 歌えるマスク。
[特許登録済み/特許出願中]

日本工学院専門学校との共同開発で生まれた
音楽の第一線で活躍するプロの現場で使える不織布マスクです。

ナノファイバー製の不織布 >

歌い手マスクは不織布マスクです。

ナノエイトフィルターは高性能なシート状フィルターです。左は商品写真、右は拡大写真です。

歌い手マスクはとても細いナノファイバーを高密度400層に束ねたフィルターを不織布として内蔵しています。ナノファイバー1本1本がとても細く抵抗がとても低いため、空気も声のヌケも良いのが特徴です。
マスクを着用したまま、きれいな声を披露できます。

歌えるマスクの大きな特徴

①口を大きく動かしてもズレない

『歌えるマスク』の歌い手マスクは、口を大きく開閉してもマスクの位置が安定します。

マスクを着けたままでも、普段と同じ感覚で歌えます。集中力が削がれてしまわないよう、五感を大切にする構造で設計しています。

②長時間の着用も苦しくない

歌い手マスクに採用した不織布(ナノエイトフィルター)は厚み約0.1mmと非常に薄い素材で通気性と速乾性に優れています。長時間の着用で感じる不快さを大きく軽減します。

③歌声のヌケが良い

歌い手マスクの400層フィルターには、極めて細いナノファイバーを使用しています。不織布マスクなのに通気性に大変優れ、空気の通気を妨げる抵抗が低く、400層のフィルター層で飛沫等の飛散を防ぎます。

歌い手マスクは不織布マスクです。

ナノエイトフィルターは高性能なシート状フィルターです。左は商品写真、右は拡大写真です。

歌い手マスクはとても細いナノファイバーを高密度400層に束ねたフィルターを不織布として内蔵しています。ナノファイバー1本1本がとても細く抵抗がとても低いため、空気も声のヌケも良いのが特徴です。
マスクを着用したまま、きれいな声を披露できます。

また、ナノファイバーの技術の応用は、多くの産業で期待されています。

※詳細は以下をご参照ください。
出典:特許庁ウェブサイト(https://www.jpo.go.jp/resources/report/gidou-houkoku/tokkyo/document/index/27_10.pdf

ナノエイトフィルターを内蔵した、音楽のプロ用の歌えるマスク『歌い手マスク』は、日本工学院専門学校ミュージックカレッジとNANOEIGHT(ナノエイト)との共同開発プロジェクトです。
シンガーたちが待ち望んでいたマスクが完成!日本工学院専門学校の若きものづくりの1プロジェクトとしてNANOEIGHT(ナノエイト)とコラボレーションして開発したのが音楽のプロである全ヴォーカル、全歌手、全シンガーのためのナノファイバーフィルター内蔵の国産不織布マスク、ナノエイトブランドのシンガー用マスクが歌い手マスクです。

日本工学院専門学校と産学連携で生まれた
歌えるマスク!

「歌いつづけるには、どうすればよいのか?」
2020年、音楽を取り巻く環境が激変し、感染予防を最優先に考える必要がある時代に変わりました。

誰も体験したことのない突然の予期せぬ事態に、音楽の現場や学校などへ大きな衝撃を与えました。

そこで、日本工学院専門学校ヴォーカリストコースと共同開発したのが、歌えるマスク『歌い手マスク』です。ものづくりのまち大田区で開発した会話がラクな不織布マスク『歌い手マスク』を、“音楽のプロが現場で使うマスク”として生まれ変わりました。

口を大きく開けてもズレず、歌声のヌケが良い!
音楽のプロ向けマスク

音楽の第一線のプロに現場用として選んでいただくために「口を大きく開けてもズレない」事を第一条件に開発を続け、“2層マスク構造”を採用して歌唱時に鼻とあごの動きに連動し、発声時に違和感がないように仕上げています。

現場で使える〝歌えるマスク〟に。

開発段階で第一線で活躍されているプロの舞台俳優、音楽大学で学生を指導する先生、プロのアーティストを目指す日本工学院専門学校ミュージックアーティスト科ヴォーカリストコースの皆さんへ何度もお試しいただき、頂戴した貴重なご意見をもとに度重なる改良を加え続け、シンガーの為の歌えるマスクが完成しました。

装着して発声した時に、着け心地の良さとともに、ご自身の歌声のヌケの良さに驚かれると思います。

日本工学院専門学校ミュージックカレッジとNANOEIGHT(ナノエイト)が共同開発したのが歌い手マスクです。若きつくりびとプロジェクトのひとつです。①ズレない②長時間使用でも苦しくない③歌声のヌケが良いのが歌い手マスクです。

シリーズで共通する使い勝手のよさ

高性能をかなえる4層構造。メッシュ層は通気性の良さと形状を保つ。不織布2重構造では、世界で最も細い繊維で400もの壁をつくり、ミクロ粒子の侵入を拒む。さらにメッシュ層で、肌触りの良さと長時間の快適な着け心地をお約束。

①通気性に大変優れる不織布フィルター

マスクに共通して使用するナノエイトフィルターはとても細いナノファイバーを400層以上の高密度で構成していますが、繊維の一本一本が非常に細く、フィルター全体での空気の侵入を遮断する抵抗が少ない(圧力損失が低い)独自技術で出来ています。長時間の使用でも、マスク内部の蒸れの乾きも早いため、息苦しさを感じづらいものになっています。長時間の会議でも会話に集中できる、通気性に優れた不織布マスクです。

ナノファイバー製の不織布 >

高性能をかなえる4層構造。メッシュ層は通気性の良さと形状を保つ。不織布2重構造では、世界で最も細い繊維で400もの壁をつくり、ミクロ粒子の侵入を拒む。さらにメッシュ層で、肌触りの良さと長時間の快適な着け心地をお約束。

②長時間の会話も快適な速乾性能

ナノエイトフィルターは、0.1mmという驚きの薄さ。息を多く吐いても抜けが良く、マスク内にこもる熱や湿り気も放出していきます。暑い日の外歩きや、ちょっとした運動時に活躍します。

高性能をかなえる4層構造。メッシュ層は通気性の良さと形状を保つ。不織布2重構造では、世界で最も細い繊維で400もの壁をつくり、ミクロ粒子の侵入を拒む。さらにメッシュ層で、肌触りの良さと長時間の快適な着け心地をお約束。

③フィットする立体構造、耳が痛くならない着け心地

マスク生地に内蔵するメッシュ層が立体マスクの形状を保ち、会話の際に起こるマスクのズレを防ぎます。
また長時間のマスク着用で耳が痛くなっても簡単に締め具合を調節できます。

マスクの不織布フィルターについて

ナノエイトの全てのマスクに共通で『ナノエイトフィルター』を採用しています。
極細のナノファイバーを400層にした独自技術の不織布をフィルターに採用し、咳やくしゃみによる飛沫の飛散を抑制しながら通気性に優れた機能性で、マスク着用時の不快さを大きく改善しました。

ナノファイバーと不織布の関係

不織布(1)電界紡糸(エレクトロスピニング)。電界紡糸は、ポリマー溶液又は溶融状態のポリマーに高電圧を印加することで戦意を紡糸する方法で、比較的容易にナノファイバーを作成することができる。不織布で応用開発が最も活発なのは電界紡糸によるものである。紡糸原料はポリマー溶液(ポリマー濃度は20%以下)であり、これに適用できる素材は多い。直径50nm前後の繊維や薄いナノファイバーの幕を作成することも可能である。フィルターなどの汎用的用途からバイオメディカルなどの高付加価値用途まで幅広い分野に応用でき、多くの企業、大学、研究機関で開発が行われている。

「平成27年度 特許出願技術動向調査報告書(概要)ナノファイバー」(特許庁)(https://www.jpo.go.jp/resources/report/gidou-houkoku/tokkyo/document/index/27_10.pdf)の6ページ目『第2節 ナノファイバーの製造技術』の一節をもとに抜粋。

また、ナノファイバーの技術の応用は、多くの産業で期待されています。

出典:特許庁ウェブサイト(https://www.jpo.go.jp/resources/report/gidou-houkoku/tokkyo/document/index/27_10.pdf

ナノファイバー製の不織布をフィルターにした製品もございます。歌い手マスクナノエイトマスク

お手入れの方法

マスクを長くお使いいただくために、以下の説明をよくお読みの上、取り扱いにご注意ください。
【ご注意】マスクの形状を保つメッシュ層の糸が折れて生地メッシュ等から吐出する事があります。糸がほつれたり汚れがひどい時は使用を中止してください。

容器に水と衣料用洗剤を入れ、軽く押し洗いをしてください。押し洗いは、ぎゅっぎゅっと上からマスクを押さえるようにして洗うようにしてください。
※繊維が切れるおそれがあるので揉み洗いはしないでください。

押し洗いをした後によく水ですすぎ、風通しの良いところへ吊るして乾燥させてください。天日に当てて干すと早く乾きます。

また、着用する前には必ずマスクが乾いているのをお確かめください。

マスクを長く、安全にお使いいただくために

長くお使いいただくために、以下のことをお守りください。

  • 必ず中性洗剤を使用し、漂白剤は使用しないでください。
  • マスクをお湯で洗ったり、こすり合わせたり、洗剤をつけて洗うとフィルターの繊維が柔らかくなり、削れてしまう場合もございます。
  • 爪や先の尖ったもの等で引っ掻いたりこすらないでください。
  • 充分にすすぎを行ない、自然乾燥でしっかり乾かしてください。
  • 洗濯機を使用しての洗浄等やご使用方法によっては、マスクの形状を保つメッシュ層の糸が折れて生地メッシュ等から吐出する事がございます。
  • 糸がほつれたり汚れがひどい時は使用を中止してください。

[家庭洗濯等取扱い方法]

製品仕様

歌い手マスク

品名マスク(商品名 歌い手マスク)
内容物マスク本体
対象かぜ・花粉・ホコリ等
素材名本体(表地:ポリエステル100% / 裏地:ポリエステル100% / 縁:ポリエステル100%)  
耳ひも部(ひも:ナイロン80%、ウレタン20% / ストッパー:シリコン100%)  
フィルタ部分(メッシュ:PP100%、ナノファイバー:PVDF100%)
抗菌剤酸化チタン(光触媒)
加工部位:フィルター
枚数1枚
サイズサイズ表(仕上がり寸法)を参照
カラーブルー、オフホワイト、ブラック
原産国日本
包装材の材質ポリプロピレン

マスクの寸法(仕上がりサイズ)

歌い手マスクは全部で4種類のサイズをご用意しています。

歌い手マスクは、L〜M(成人男女兼用)の場合、横幅22cm×高さ13cm、M〜S(少し小さめ)の場合、横幅20cm×高さ12cmです。
サイズ横幅高さ
L(大きめ)24cm16.5cm
M(ふつう)22cm15cm
S(小さめ)19cm13cm
キッズ18cm12cm

※耳ひもの長さは含みません。
※個々で多少の誤差が生じる場合がございます。

【使用上のご注意】

  • マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。
  • 本来の用途以外に使用しないでください。また本書に記載する方法でご使用ください。
  • 形状を保つメッシュ層の糸が折れて生地メッシュ等から吐出する場合があります。本品に破れやほつれが生じた場合は使用しないでください。
  • 本品は洗って複数回ご使用いただけます。洗い方は別途の表示をご確認ください。
  • ナトリウム系洗剤・漂白剤のご使用は避けてください。
  • 本品は有害な粉塵やガス等が発生する場所やそれを防ぐ目的でのご使用はできません。
  • 合成繊維アレルギーをお持ちの方はご注意ください。
  • 万一、使用中にあかみ、かゆみ、かぶれ、発疹などの症状があらわれた場合は、直ちに使用を中止し、皮膚科専門医師等にご相談ください。
  • 万一、臭いにより気分が悪くなった場合は、直ちに使用を中止してください。
  • 火気のそばでは使用しないでください。
  • 乳幼児の手の届かない所で保管してください。
  • 高温多湿を避け、清潔な所で保管してください。
  • 廃棄する際はお住いの自治体の取り決めに従ってください。

※製品改良のため、予告なく製品の仕様・デザインを変更する場合があります。
※試験結果は、実使用空間で同様の結果を保証するものではありません。

このページの上部へ ⬆︎